先輩社員インタビュー

システム・サイエンスでは、多くの先輩たちが働いています。
毎日を生き生きと輝かせている先輩たちに、直撃インタビューしました。

最初は0からのスタートでした

これが私の仕事

大手キャリア向けモバイル系のミドルウェア開発を行なっています。

ミドルウェアはOSとAPLの間に位置し、OS・APLの橋渡しを行なっている重要な存在であり、様々な機能を提供しています。 その中でもSSではファイル管理、サーバ冗長制御、装置監視、共有DK制御を担当しています。

学校でプログラミングの勉強をしたといっても、業務に携わると、ほぼ0からのスタートのため、先輩にシステムの動きを教えていただきながら理解を深めていきました。

入社前のSEのイメージは、ほとんどプログラミングをしているのかと思っていましたが、設計と試験に時間を使い製造の期間は短いのが驚きました。 しかし、品質を重視するからこそ、設計と試験に時間を使うことがわかり、自身が携わった機能が世に出るまでには、多大な労力と時間を使っていることを学びました。

だからこの仕事が好き!

やりがいをとても感じます。

最初は0からのスタートでも、知識がついて任せてもらえる工程が増えていくことにやりがいをとても感じます。

最近のことですが、2回目の開発をやらせていただき、結合試験で出たバグの要因を調べる作業が有りました。 今までは自力で見つけることが出来ていなかったのを1人でバグの要因を見つけたとき、仕事をしたという達成感が有りました。 その中で感じたことは、すぐに助けを求めるのではなく、わからないなりにも解決の糸口を見つけようとする姿勢が大切だと学びました。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

面接をしてくださった方が魅力的でした。

システムの開発をしたくIT企業に絞って就職活動をしていました。
地元が北海道なのですが、なかなか関東に行くことも困難だと感じていたときに、採用担当の方が北海道までいらしてくれて、1次から最終選考までを行ってくださいました。

また、企業説明を聞いて、社員同士がとても仲が良く社内を良くしていくために、委員会もあることを聞いて、横のつながりが深い会社であることがわかり、とても好印象を持ちました。

これまでのキャリア

研修(3ヶ月)ファイル化(10ヶ月)キャリア向けミドルウェア開発(現職・1年目)

この仕事のポイント

職種系統
システムエンジニア(SE)
仕事の中身
キャリア向けミドルウェア開発
仕事のスタイル
忍耐力・集中力を要する仕事
仕事でかかわる人
同じプロジェクトで動いている人(社外社内問わず)
仕事で身につくもの
Linuxコマンド、コミュニケーション能力(特に相手にわかりやすく伝える力など)
特にむいている性格
探求心を持って仕事をできる人

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは、自己分析をしっかり行い、自分自身と向き合ってみましょう。

採用担当者にはすべて見通されてしまうと思います。 何をしているときが幸せと感じるのか、どんな人に憧れを抱いているのか、どんな作業なら集中して続けられるのか、やりがいを感じるのはどんな瞬間か、など。

自己分析はとてもめんどくさいものだと感じる人がほとんどだと思いますが、これから人生の半分を占める会社と出会うためにも、時間をかけて自己分析することをお勧めします。

自分のスキルをもっと活かして社会貢献したかった。

これが私の仕事

官公庁向け業務アプリケーションの開発リーダーを務めています。

今、私がリーダーとして管理しているのは、行政手続きをもっとスムーズに進められるようにするためのシステム構築です。

開発方法の設定からシステム改修などでのリスク対策、開発工程のスケジュール管理まで総合的なコントロールを任されています。
予定通りに開発が進むこともあれば、なかなかスケジュール通りにいかないこともあり、いかに全体を把握してチームメンバーと協力して取り組むことができるかが決め手になります。

だからこの仕事が好き!

システムのリリース後にユーザーから感謝のメールをいただきました!

このプロジェクトは5チームが関わるという規模のものでした。
1チーム10名前後ですからそれなりの大きさのプロジェクトだと思います。
途中には幾つかのトラブルもあり、試行錯誤をしながらのシステム開発でしたが、本当にチームワークよく5つのチームが連携して良い仕事ができたと満足していました。

そんなとき、システムが完成した際にはユーザー向けの説明会を開催するものなのですが、その司会・進行役に突如抜擢され今回のシステムについての説明をさせていただきました。
するとクライアントの担当者様から感謝のメールをいただき、今までの苦労が一瞬にして消えてしまいました。本当に喜ばれる仕事には心に響く達成感があると感じています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

自分のスキルをもっと活かして社会貢献したかった。

システム・サイエンスには中途入社として転職してきました。自分もプログラマーからエンジニアとしての道をスタートさせましたが、今ではここシステム・サイエンスで10年目を迎え、P/Lを任されるほどの責任とやり甲斐を手にしています。

とにかく転職では社会貢献のできる仕事をと考え、銀行、官公庁との取引が充実している会社を探していました。そして注目したのがこの会社だったのです。

この出会いが自分の人生を変えたと言っても過言ではないかも知れませんね。

これまでのキャリア

転職システム部(現職:10年目 P/L職)

この仕事のポイント

職種系統
システムエンジニア(SE)
仕事の中身
生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル
臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの
臨機応変な対応力が身につく仕事
特にむいている性格
信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

業界を絞り込んでいくのも大切かも知れませんが、“どんな仕事で”“どう人の役に立つのか”そして自分も楽しむことができる仕事なのか?こんなことにも目を向けてみるのも良いと思います。

保険系企業様のシステム保守を担当しています。

これが私の仕事

保険系企業様のシステム保守を担当しています。

現在、お客様先で稼働しているシステムの保守やメンテナンスに携わっています。
もしも不具合が発生した場合には迅速にお客様のシステムのトラブルを見つけ出し、その不具合に対応していきます。
さらに、お客様からシステムに対しての機能追加の要望があった場合にも、その内容をしっかりとヒアリングして、どのようなプログラムを組むことが必要なのかを考え実行していきます。

外からは見えにくいお仕事ですがシステムを守るという、とてもやり甲斐のあるお仕事だと思います。

だからこの仕事が好き!

機能追加のオーダーに自分でプログラムを書いて、見事に成功させたこと!

文系出身の私でしたが、しっかりとした仕事ができてとても満足しています。
そもそも言語なんてまったく分からなかったのですが、入社後の2ヶ月半研修で勉強させていただき、同期と一緒に協力して分からないことを一つひとつ減らしていきました。

研修終了後に現在のプロジェクトに配属され、1年目から現場で働く機会を与えていただきました。
そんな中、お客様から機能追加のオーダーをいただき、自分でその仕様を決め実際にプログラムを書きました。
もし失敗したらと不安になった時もありましたが、実際にうまく作動させることができ「やった!私にもできた!」と思わず気持ちの高まる本当に嬉しい瞬間でした。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

説明会での社員の方たちの雰囲気がとても良かった。

将来性を考えてIT関連の仕事が有望と思い、IT業界やその関連業界の会社説明会に参加していました。
しかし、会社の事業や特色などは伝わってくるのですが、そこで働く人たちの素顔がなかなか見えてこないことに不満を感じていました。

そんな中、システム・サイエンスの会社説明会に参加したとき、他の説明会と雰囲気の違いに驚いてしまいました。
社員の方々の中の良さはもちろん、私たちに対しての接し方もとても丁寧で親切なものでした。
説明会のお話でも社員を大切にしてくれている点がひしひしと伝わり、この会社で働きたいと素直に思えました。

これまでのキャリア

研修(3ヶ月)システム部(現職)

この仕事のポイント

職種系統
システムエンジニア(SE)
仕事の中身
日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル
ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人
その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの
新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特にむいている性格
何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私の場合は、周りの友達が会社を決めていくなか、なかなか決めることが出来ずに、ついつい焦ってしまいました。
その体験から、焦らずに自分の働きたい仕事や会社を落ち着いて探し続けることが大切だと思いました。
多少の遅れはいくらでも挽回できる!そのくらいの気持ちで挑んで欲しいと思います。

若手の成長した姿を見たときに喜びを感じます。

これが私の仕事

各プロジェクトの進捗管理からお客様との交渉までを担当しています。

P/M(プロジェクトマネージャー)として現在、17個のプロジェクトについてその進捗を管理しています。
各P/L(プロジェクトリーダー)と綿密に連携し、現状の課題について共有を行い、お客様からの要望に迅速に応える橋渡し役として、報告書の提出やスケジュールの確認・調整も行います。

全てのプロジェクトが円滑に正確に仕事が進むようにチームのパフォーマンスを維持し、お客様との信頼をより太く確かなものにしていくのが主な役割だと思います。

だからこの仕事が好き!

若手の成長した姿を見たときに喜びを感じます。

各プロジェクトに参加しているメンバーを合計すると、その人数は60名ほど。半数以上は20代前半の若手ですので、入社して3~4年目の先輩たちがOJTとしてサポートしながら成長支援を繰り広げています。

驚かされるのは1週間前にできていなかったことが、次の週にはできるようになっていたりするので、リーダーの頑張りをはじめメンバーの向上心の高さにとても嬉しく顔もほころびます。

みんなが会社を代表する戦力として成長していく姿をみるのはこのうえない喜びですね。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

社員を大切にする風土。若手の熱気。働きやすい雰囲気。

前職では外資系IT企業の日本法人に勤務していましたが、日本オフィスの縮小を機に転職をしました。
当時はスマートフォンの人気が拡大し普及が一気に進んでいましたので、自分も拡大するマーケットのなかで事業基盤の強い会社を探しました。

そして出会うことになったのがシステム・サイエンスです。

面接では現在の役員の方とお話しをする機会があり、「社員を大切にしている」という強い想いに惹かれ入社を決意しました。実際、若手はイキイキと成長していますし、責任とやり甲斐が提供される仕事も自ら手に入れることができる環境があります。

長く働ける理想的な風土を持つ会社だと私は感じています。

これまでのキャリア

転職(現職:P/M職・15年目)

この仕事のポイント

職種系統
システムエンジニア(SE)
仕事の中身
イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル
何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人
企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの
人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特にむいている性格
大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

どんな仕事も入社してみないと分からない点があるのは否めません。
だからこそ、自分でしっかりと納得した上で決めることが大事です。
会社の本質は変わることはないと思いますので、やはり風土、環境、仲間たちという視点で会社を見つめていただきたいと思います。