JSグループは、ソフトウェアを提供する企業として、当社の事業活動・サービスに関わる性質、規模および環境影響を考慮し、次の環境保全活動を推進致します。

  1. JSグループは、環境マネジメントシステムに基づき、環境汚染の予防に努めます。
  2. JSグループは、環境に関連する法規制およびJSグループが同意するその他の要求事項を順守致します。
  3. JSグループは、技術および経済において可能な範囲の環境目的および目標を設定し、活動を継続していきます。
  4. JSグループは、方針および活動内容について文書化を行います。文書化した情報は従業員、必要に応じて密接に関連する利害関係者がいつでも閲覧できるよう管理致します。活動内容について、JSグループで働く、またはJSグループのために働く全ての人に周知徹底致します。
  5. JSグループは、外部に対してホームページ(HP)上で公開するなどの何らかの手段でこの環境方針を開示致します。
  6. この環境方針を達成するため、自ら環境目的、目標を設定し、環境マネジメントを推進致します。
    また、環境目的、目標を定期的に見直し、必要に応じて改定を行い、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。品質マネジメントシステム(QMS)、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)との統合運用によって、より効果的な環境マネジメントシステムの構築に努めます。

改定日 2017年 7月13日
株式会社システム・サイエンス
株式会社ジャコム
JSホールディングス株式会社
代表取締役 牧野 武志