教育・研修制度

当社の財産は「人」だから研修・教育に力を入れています。

新入社員教育は、各人の経験と能力に合わせ基礎知識の習得とプログラミング実習を3ヶ月行います。その後、半年のOJTにより実務に即した教育が続けられます。研修が終了した後も情報処理の資格取得のために、定期的に勉強会を開催し技術の向上に努めています。しかし、ただ単に技術力を高めるためでなく、一人一人が自分の個性と創造を生かし、互いに刺激し合うことにより人間としてスケールアップをしていくことを大きな目標としています。

教育の流れ図

テキストを使用した講義とビデオを利用した視聴覚教育により、コンピュータの構造と理論の基礎知識を徹底的に修得してしていきます。さらにコンピュータを活用し実際にプログラムを作成することにより、プログラミングを体験し体得していただきます。

この基礎的な段階をマスターすることが重要であり、今後の各人の伸びに影響してくるので、当社独自のシステムを取り入れ充実した内容にしています。

導入教育により習得した知識と実技を実務面で生かせるように、各プロジェクトに配属された後も先輩社員のマンツーマンによる教育が続けられます。

この段階で基本からさらに一歩進んだ応用技術と個性を生かす考え方を学び、より高度な技術を身につけ一人前のSEとしての力を付けていきます。

実務についてからも、経済産業省で実施している『情報処理技術者』(基本情報技術 等)試験に備え、そしてまた、お互いの技術の向上と交流を深めるため定期的な勉強会を開いています。

技術には「これで良い」というものはありません。常にチャレンジを続けていきます。

社員は社内・客先問わず、仕事をするうえで大切(必要)なビジネスマナーの取得(ヒューマンスキル)、業務で活躍するために必要なテクニカルスキルの資格取得に積極的に取り組んでおります。

ヒューマンスキル・テクニカルスキルを向上させてモラル・マナーを守り、業務で活躍できる社会人に成長します。